永代供養墓を埼玉で探す

埼玉の永代供養とは、お寺が遺族の代わりに故人の遺骨を管理し、永年に渡って供養をするという形式です。
年間の管理費などもかかりませんし、最初に支払う料金以外は発生しないので安心です。また、ほとんどの場合はお寺の檀家になる必要はありませんし、全ての宗教に対応できるということです。


永代供養をするための墓のことを永代供養墓や合葬墓などと呼んでおり、他の人と共同で利用することが一般的です。
塔やロッカー式などお寺によってさまざまな形式があります。

一般のお墓は建てるために100万円以上かかることが多いですし、永代供養料や年間管理費などがかかってきます。
埼玉の永代供養なら墓石や土地が不要ですし、一般のお墓よりも費用を安く済ませることができます。



埼玉の永代供養墓はお寺が永代で供養してくれるため、お墓を管理する必要はありません。



宗旨や宗派は問いませんし、檀家になる必要がないというメリットもあります。また、交通の便が良いところに立地されていることも多く、立ち寄りやすいことも特徴です。

しかし、永代供養墓で遺骨を他人のお骨と一緒にした場合、二度と遺骨を取り戻すことができないので注意しましょう。

永代供養においては、後になってからお骨を返してもらえなかったというトラブルが最も多くなっています。
このようなトラブルを避けたいという場合、親族と供養方法についてしっかり相談しておきましょう。

ちなみに、火葬後に故人のお骨を遺族が骨壷に拾う量が関東と関西では異なっており、骨壷のサイズは関東の方が大きくなっています。

これはお寺の骨壷の安置施設の大きさにも関わっており、分骨の寺院には全骨の骨壷を収めることができません。

BIGLOBEニュースとの上手な付き合い方をお知らせします。