埼玉にも永代供養墓を建立する寺院があります

お墓は基本的には、引き継ぐ人がいて建立されるものです。
世の中の流れに合わせて、お墓に対する考え方もだんだん柔軟になってきたとはいうものの、現在でも継承者がいない人にはお墓の土地を売ってくれない、墓地も存在しています。


今までは継承者が途絶えてしまったお墓は、一定の手続きと期間を経て無縁墓として改葬されていました。

ですが家族や血縁者の中に引き継いでいく人がいない状態であっても、寺院や墓地の管理者が永代にわたって管理や供養をおこなっていくお墓が誕生してきました。
これが永代供養墓と呼ばれているお墓の種類です。


埼玉でも永代供養墓を建立している寺や墓地もあります。永代供養墓は継承者がいる、いないにかかわらないで申し込むことができ、生前に申し込むことができるといった点が特徴になっています。



子供がいない夫婦や、単身者、子供がいたとしてもお墓の継承を望んでいない人たちにとって画期的なお墓として、一躍注目を浴びるようになりました。



埼玉でも大きな注目を浴びて生前から購入している人も多くいます。永代供養墓に納められた遺骨は、ほとんどが一定期間の後に骨壺から遺骨を取り出して合葬されます。

BIGLOBEニュース情報を選びました。

一定の期間というのは弔い上げにあたる33回忌ですが、使用者の希望で設定できるところもあります。
供養の方法は墓地によっても違ってきますが、年に一度の供養祭を行ったり、お彼岸に合同法要を営んだりします。
希望をすれば年回忌を行ったり、祥月命日の法要も行うことができるお墓もあり、埼玉でもこのような永代供養のお墓を建立する寺院も多くなってきました。