埼玉での永代供養墓について知ろう

category01

埼玉には様々な場所に寺院がありますが、その中には永代供養墓を設置している場合があります。

日本経済新聞情報がさらにわかりやすくなりました。

永代供養墓は通常の墓と違い特徴があります。
1番の違いは費用面になります。

茨城の自然葬情報をまとめてチェックしよう。

通常のお墓だと総額にして1000万円程度かかる場合があります。

しかし永代供養墓を利用すると総額にして200万円程度から300万円程度ですむ場合があります。


埼玉の寺院の場合だと人間の供養だけでなくペットの供養をしてもらえる場合もあります。
代金の支払方法ですが、現金で支払う事も可能ですし、クレジットカードでの支払いも可能です。寺院によっては信販会社と提携している場合があり、寺院の受付で信販会社の受け付けをする事ができます。


埼玉も寺院も同じでほとんどの寺院で受付する事が可能です。普通のお墓の場合だとお彼岸などは自分で供養する必要があります。

しかし永代供養墓の場合には全ての供養を寺院が代行します。

そのため遠方でなかなか寺院に参詣する時間がない場合でも寺院が代行してくれます。
また御会式や竜の口の法難会などの寺院側による法要がある場合には一緒に供養してもらう事も可能です。



普通のお墓を寺院に購入する場合には、その宗派の檀家になる必要がありますが、永代供養墓の場合には必ずしも段階になる必要はありません。寺院側には通信がありますが、必ずしもその通信をもらう必要もありません。


葬儀コラム

category02

埼玉の永代供養とは、お寺が遺族の代わりに故人の遺骨を管理し、永年に渡って供養をするという形式です。年間の管理費などもかかりませんし、最初に支払う料金以外は発生しないので安心です。...

subpage

最新情報

category02

お墓は基本的には、引き継ぐ人がいて建立されるものです。世の中の流れに合わせて、お墓に対する考え方もだんだん柔軟になってきたとはいうものの、現在でも継承者がいない人にはお墓の土地を売ってくれない、墓地も存在しています。...

subpage

葬儀の話

category03

埼玉県は、所沢市や羽生市、上尾市、川口市など樹木葬を行う事の出来る霊園が19箇所あり、埼玉県は関東圏では東京都と千葉県に次いで樹木葬の霊園が多く、埼玉県の樹木葬の霊園の数は神奈川県と茨城県を合わせた数と同等です。自然葬自体は、646年の大化薄葬令以降皇族や貴族の間では原則として土葬が行われる一方で、市民達は現在清水の舞台のある鳥野辺や嵐山近くの化野、船岡山公園のある蓮野台などの洛外に死体を打ち棄て風葬や鳥葬を行っていたとされています。...

subpage

大人の常識

category04

お墓を建てようかどうかで迷っている方も大勢います。せっかくのお墓を用意した場合でも、定期的に足を運ぶことができない方のケースでは、ご先祖様に対して失礼に当たると考えている方もいます。...

subpage